スノーパウダーウォッシュ 使い方

スノーパウダーウォッシュ効果的な使い方について!

スノーパウダーウォッシュの使い方

スノーパウダーウォッシュの洗顔を使ってみたいけど、使い方がよく分からないという方も時々います。確かに、スノーパウダーウォッシュについては普通の洗顔料とはちょっと違っているので使い方に戸惑う人もいるかもしれませんね。

 

ここでは、スノーパウダーウォッシュの洗顔についての使い方を詳しくご紹介いたします。また、スノーパウダーウォッシュの洗顔時の効果的な使い方についても見ていきましょう。

 

スノーパウダーウォッシュの洗顔の使い方は?

スノーパウダーウォッシュの使い方については、粉なので難しいと思いがちですがあまり難しくはありません。

 

1. クレンジングでメイクを落とす
2. 手を洗う
3. 泡立てネットを少し濡らす
4. 泡立てネットの上に1回分のスノーパウダーウォッシュをかける
5. 少しこすってもこもこの泡を作る
6. 泡をとってTゾーンから付ける
7. その後顎ラインにも付ける
8. 優しくマッサージをするようにくるくると洗顔する
9. 泡を落として終了

 

以上が、スノーパウダーウォッシュの洗顔の使い方になります。泡立てネットに1回分の粉を入れてしまえば、後は簡単に泡が出来るので本当に楽ですよ!次に、効果的な使い方を見ていきましょう。

スノーパウダーウォッシュの効果的な使い方について

スノーパウダーウォッシュを使う時には、効果的な使い方をすることで、より肌をもっちりとしあげることが出来ます。

 

その効果的な使い方とは、出来るだけ顔の上に泡を乗せたら、こすらないということです。どうしてあまりこすらない方が良いのかというと、肌への刺激を少なくすることが出来るからです。

 

顔の皮膚は他の皮膚よりも薄く出来ているので、皮膚をこすってしまうとその摩擦から肌バリアがどんどん弱くなってしまいます。

 

そのため、出来るだけこすらずに泡を顔の上でコロコロするように汚れを落としましょう。

洗顔後も注意!

洗顔後も同じことが言えます。スノーパウダーウォッシュを洗顔した後は、タオルであまりゴシゴシとこすらないようにしましょう。こすってしまうと肌との摩擦が起きますので肌のバリア機能が弱まります。

 

タオルで水分を拭くときには、出来るだけタオルを顔にギュッと押し当てるようにしながら水分を拭き取るようにしましょう。

 

以上が、スノーパウダーウォッシュの効果的な使い方になります。ちょっとしたことで、かなり肌がもちもちになりますので気をつけてみてくださいね!

スノーパウダーウォッシュの効果的な使い方についてのまとめ

ここでは、スノーパウダーウォッシュの効果的な使い方についてご紹介いたしました。スノーパウダーウォッシュで洗顔をする時には、出来るだけしっかりとした泡を作ってこすらないのがポイントでした。

 

また、洗顔が終わった後もタオルでこすると肌が弱くなる可能性がありますので、タオルで拭くときにもこすらないようにしましょう。タオルで水分を拭くときには顔をタオルに押し当てるようにすることがポイントです。是非、やってみてくださいね!